カトラリー選びのポイントを押さえておかないと、いざ使ってみると使いづらかったり、すぐに壊れてしまったりすることがあります。カトラリーの選び方がわからないという方は、選ぶ際のポイントと使い方を事前に把握しておきましょう。燕市で金属洋食器を生産するアルチザンが、カトラリー選びのポイントとテーブルマナーやカトラリーの使い方についてご紹介します。

カトラリー選びに重要な5つのポイント

カトラリー

カトラリー選びに重要な5つのポイントをご紹介します。

耐久性

例えばレストランなどで使用する場合、1日に何度も使用、洗浄、乾燥が繰り返されます。また一般家庭で使う場合、食器洗浄機を使うこともあるでしょう。そのため、耐久性が高いものを選んでください。

清潔性

複雑な形であったり溝が多かったりすると、洗浄をしても汚れが残ってしまうことがあります。汚れにくく洗いやすい形状をしたものがよいでしょう。

機能性

食べるために使いやすいものを選びましょう。手に持ったときや口に運ぶときには、重さが重要です。ほかにも切る、刺す、すくうなどができなければなりません。

装飾性

提供される食事に見合った装飾があるかどうかも大切です。また、季節を感じるデザインが施されていると、特別感も高まります。

経済性

ホテルなどでは、一度に大量のカトラリーを使用します。適正価格か生産量が安定しているかなども重要です。

新潟県燕市のアルチザンでは、金属洋食器を中心に生産しています。スプーンやナイフなどのカトラリー以外にもタンブラーや茶器などもあり、全国からご購入可能です。品質の高い金属洋食器をお求めの方は、工業や産業で有名な燕三条にあるアルチザンへお問い合わせください。

テーブルマナーの基本!カトラリーの使い方

テーブルマナー

テーブルマナーの基本である、カトラリーの使い方について流れに沿ってご紹介します。

着席の仕方

座ったり立ったりする際、椅子の左側からが基本です。小さいバッグであれば背中と椅子の背もたれの間、大きいバッグであれば椅子の左下の足元に置いてください。ナプキンは二つ折りにして、輪を手前にして膝にかけましょう。

カトラリーの並べ方

真ん中のお皿を中心に右がナイフ、左がフォークです。外側から順番に使います。フルーツ用はお皿の上側に置かれているものです。

食事中に気をつけること

食事中に気をつけることは、次のとおりです。

  • カトラリーをお皿に置くときは、八の字にする
  • ナプキンが汚くて使えない場合は、自分のハンカチなどを使う
  • 中座する場合は、デザートが来た後のタイミングが好ましい
  • 中座するときのナプキンは、きちんと畳まずに椅子の上に置く

退席時の注意点

食事終了後は、ナイフとフォークをお皿の右下に置きます。ナプキンは畳まずに、テーブルの右側に置いてください。

燕市にあるアルチザンでは、職人によって作られた金属洋食器を販売しています。デザインから色味まで一つひとつ丁寧に作っています。カトラリーだけでなくタンブラーなどもありますので、気になる方はぜひ燕市にあるアルチザンまでお問い合わせください。

燕市でカトラリーやタンブラーなどの金属洋食器をお探しならアルチザンへ

燕市にはいくつもの金属洋食器の会社がありますが、それぞれ専門性が違います。洋食器に力を入れている会社、こだわりの会社を選び、納得のいく商品を手に入れましょう。

アルチザンは、カトラリーやタンブラーなどの洋食器に力を入れた会社です。西洋の伝統と最新の技術を組み合わせているので、オリジナル性も高いのが特徴です。金属洋食器にこだわりがある方は、ぜひアルチザンにお問い合わせください。

製品紹介はこちら

燕市の金属食器生産 アルチザン

会社名 合同会社アルチザン
代表 長澤 政幸
設立 2017年8月10日
住所 〒959-1201 新潟県燕市灰方417−5
TEL 0256-63-3446
FAX 0256-47-1109
URL https://artisan-web.jp/
業種 金属製品製造業
認定
  • メイド・イン・ツバメ認定証 登録第2019-0056~0060
  • 「アルチザン」シリーズ・急須が2019年 おもてなしセレクション受賞