金属加工製品の最大の特徴である艶やかな美しさを損なう原因となるのが、くすみやサビです。美しい状態を保ったまま使い続けるために、しっかり対策しましょう。こちらでは、燕市で金属加工製品を製造するアルチザンが、食器やカトラリーがくすんでしまう原因をご紹介します。また、ステンレス製品をお手入れする方法についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

カトラリーや食器がくすむ原因

くすんだ食器やカトラリー

くすみの原因として考えられるのは、皮脂です。カトラリーや食器に触るときはまず手指を清潔にし、不用意にベタベタ触らないよう気をつけましょう。

また、乾燥不足によって付着する水垢も原因の一つです。カトラリーや食器を洗い終わった後、水滴が残ったまま放置していると、水分が蒸発して水道水のミネラルだけが残ります。これが水垢の原因です。

食器やカトラリーを洗うときは乾燥機などを使用して水分を飛ばすか、水洗い後すぐに乾いた布巾で拭くようにしてください。

基本的に、常に清潔な状態を保っていれば、食器やカトラリーが著しくくすんでしまうようなことはないでしょう。きれいな状態で使い続けるために、こまめなお手入れを心がけることが大切です。

新潟県燕市のアルチザンでは、カトラリーや食器などの金属加工製品を製造・販売しています。オーダーメイドのご注文も可能です。贈り物などでこだわりの食器や金属加工製品をお探しの方は、ぜひ燕市にあるアルチザンにお問い合わせください。

ステンレス製品のお手入れ方法 金属加工製品をお探しならアルチザンへ

ポイントの文字を指さす人

ステンレス製品のお手入れ方法のポイントを、3つご紹介します。

使用後は早めによく洗うことが大切

まず、使用後は早めに洗うようにしましょう。ぬるま湯と洗剤を使ってしっかりと洗った後は、よく拭いて片付けるようにします。水垢がつかないよう、洗い終わり次第しっかりと片付けるようにしましょう。

また、ステンレス製品は酸や塩に弱いため、付着したままにしてはいけません。サビの原因となってしまいます。

キズがつかないよう注意

ツヤを保つためには、洗う際に硬いスポンジやたわしを使ってはいけません。また、引き出しにしまう際はアイテムごとに区切っておくとキズがつきにくくなるのでおすすめです。

くすみが出た際のお手入れ方法

ステンレス製品のくすみが気になる場合は、練り歯磨きやクリームクレンザー、重曹などを使って乾いた布で優しく磨き、お湯でしっかりとすすいで、丁寧に拭き上げます。ただし、研磨剤の粒子によっては細かい擦りキズが残る場合があるので、目立たないところで試してから磨くようにしましょう。

燕市のアルチザンでは、カトラリーや食器などの金属加工製品を販売しています。オーダーメイドにも対応いたしますので、質の高い金属加工製品をお探しの方はぜひ燕市にあるアルチザンをご利用ください。

燕市で食器やカトラリーなどの金属加工製品を製造するアルチザン オーダーメイドの依頼もお気軽に

食器やカトラリーを使ってそのまま放置している人は少ないでしょうが、水滴が残ったままにしてしまったり、汚れを落としきれてなかったりすると、水垢やサビがつく原因になります。洗い残しがないように気をつけて、しっかりと洗いましょう。

燕市のアルチザンでは、食器やカトラリーなどの金属加工製品を製造・販売しています。熟練の職人が一つ一つ丁寧につくる金属加工製品は、贈り物にも人気です。各種オーダーメイド加工製品も承っていますので、ご希望の方はぜひ燕市のアルチザンにお問い合わせください。

金属加工製品のオーダーメイドについてはこちら

燕市の金属食器生産 アルチザン

会社名 合同会社アルチザン
代表 長澤 政幸
設立 2017年8月10日
住所 〒959-1201 新潟県燕市灰方417−5
TEL 0256-63-3446
FAX 0256-47-1109
URL https://artisan-web.jp/
業種 金属製品製造業
認定
  • メイド・イン・ツバメ認定証 登録第2019-0056~0060
  • 「アルチザン」シリーズ・急須が2019年 おもてなしセレクション受賞